ことかんメンバーのきろく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカキです。

2月最後の稽古は強めの風が吹きました。

毎回、公演に向けて稽古していると吹くんです。春一番みたいに。


まだまだこっから。先に進むよって。

だから一緒にいこう!
スポンサーサイト

【2010/03/01 21:23】 | 稽古
トラックバック(0) |

風とともに春はやってくる。
OPAYAN
春一番。
風はいろんなものを連れてきてくれる。
そして、風に乗って飛べるような気がする。
あの空へ。。。

吹いた風。掴んでいきましょう!

一緒に。
moyuzo
一緒にね。

人生 風は吹いている
あい川から 戻って いちきよ
強めの風が吹いた…
向かい風、追い風、つむじ風、春一番、木枯らし
そして、そよ風etc
風にもいろいろあります。

大地を揺るがし、脅威を感じさせる風もあれば
黒髪を揺らす、いや、道端に落ちた
蒲公英の種を揺らす程の力しかない、
風もあります。

その風を感じる心を大切にしてください。

知っている人はいると思いますが、
「バタフライ効果」というモノがあります。
ある場所で、蝶が羽ばたいたとき起きた
微小な空気の乱れが原因で、
遠く離れた場所に台風を引き起こすことも
有りえるんです。

風は本当に小さなきっかけで
時間と、距離を重ねることで、台風に匹敵する
風になることを想像してください。

もしかすると、「今、吹いている風」を
「風」と感じない人がいるかもしれません。

皆にとって同じ風なのか、
その風をどう掴むのか、
風の捕らえ方が、同じなのか…
そこが重要だと思います。

表現者たちとして、板の上に立つ者たちとして、
常に風が吹いていると思います。
「今度の舞台へ向かって」が当面かもしれない。
でも、その先を見据え、「ことのはかんぱにぃ」として
どうあるべきか? を考える風は
たくさんあると思います。

OPAYAN氏の言うように、「乗って飛べる」
飛翔する風なのか、
それとも、失速する風なのか、
皆の力量・資質が試される機会だと感じます。

それは、「ことのはかんぱにぃ」として
集まった時、場所だけではないと思います。
常に、「皆に吹いている風はどういう風?」と
感じる心が必要です。

「ことのはかんぱにぃ」の船に乗っている一堂、
共通する大きな帆に受ける「風」であることが
前進する、進化することに繋がります。

一人が吹いた風は、小さいかもしれません。
でも、同じ方向へ向かって吹く人が
いればいるほど、大きい風になります。

皆で、新鮮な、そして力強い風を作って、
観に来ている人々の「心の帆」に
風を送ってください。

観客を新たな領域へ推し進めるとともに、
「ことのはかんぱにぃ」が新たな世界へと進む
そのために。

…って、身分もわきまえず
遅い時間に長々とカキコしてすいませんでした。


>いちきよさん
moyuzo
・・・長っ。

負けるもんか
アズ
強い向かい風がいきなり吹き付ける事は毎回です。今まではしがみついているのがやっとでした。でも今は、立ち向かってやるという気持がいっぱいです。ピンチ誰かを助けるくらいの力を付けたいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
風とともに春はやってくる。
春一番。
風はいろんなものを連れてきてくれる。
そして、風に乗って飛べるような気がする。
あの空へ。。。

吹いた風。掴んでいきましょう!
2010/03/02(Tue) 00:04 | URL  | OPAYAN #-[ 編集]
一緒に。
一緒にね。
2010/03/02(Tue) 00:15 | URL  | moyuzo #-[ 編集]
人生 風は吹いている
強めの風が吹いた…
向かい風、追い風、つむじ風、春一番、木枯らし
そして、そよ風etc
風にもいろいろあります。

大地を揺るがし、脅威を感じさせる風もあれば
黒髪を揺らす、いや、道端に落ちた
蒲公英の種を揺らす程の力しかない、
風もあります。

その風を感じる心を大切にしてください。

知っている人はいると思いますが、
「バタフライ効果」というモノがあります。
ある場所で、蝶が羽ばたいたとき起きた
微小な空気の乱れが原因で、
遠く離れた場所に台風を引き起こすことも
有りえるんです。

風は本当に小さなきっかけで
時間と、距離を重ねることで、台風に匹敵する
風になることを想像してください。

もしかすると、「今、吹いている風」を
「風」と感じない人がいるかもしれません。

皆にとって同じ風なのか、
その風をどう掴むのか、
風の捕らえ方が、同じなのか…
そこが重要だと思います。

表現者たちとして、板の上に立つ者たちとして、
常に風が吹いていると思います。
「今度の舞台へ向かって」が当面かもしれない。
でも、その先を見据え、「ことのはかんぱにぃ」として
どうあるべきか? を考える風は
たくさんあると思います。

OPAYAN氏の言うように、「乗って飛べる」
飛翔する風なのか、
それとも、失速する風なのか、
皆の力量・資質が試される機会だと感じます。

それは、「ことのはかんぱにぃ」として
集まった時、場所だけではないと思います。
常に、「皆に吹いている風はどういう風?」と
感じる心が必要です。

「ことのはかんぱにぃ」の船に乗っている一堂、
共通する大きな帆に受ける「風」であることが
前進する、進化することに繋がります。

一人が吹いた風は、小さいかもしれません。
でも、同じ方向へ向かって吹く人が
いればいるほど、大きい風になります。

皆で、新鮮な、そして力強い風を作って、
観に来ている人々の「心の帆」に
風を送ってください。

観客を新たな領域へ推し進めるとともに、
「ことのはかんぱにぃ」が新たな世界へと進む
そのために。

…って、身分もわきまえず
遅い時間に長々とカキコしてすいませんでした。
2010/03/02(Tue) 01:59 | URL  | あい川から 戻って いちきよ #-[ 編集]
>いちきよさん
・・・長っ。
2010/03/02(Tue) 08:16 | URL  | moyuzo #-[ 編集]
負けるもんか
強い向かい風がいきなり吹き付ける事は毎回です。今まではしがみついているのがやっとでした。でも今は、立ち向かってやるという気持がいっぱいです。ピンチ誰かを助けるくらいの力を付けたいです。
2010/03/05(Fri) 07:55 | URL  | アズ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。